自分の人生を幸せにするのは自分

  • 2016.09.08 Thursday
  • 17:37
この所連日3日続けて
娘が家出した・・というお母様たちの相談を受けました。

どのお母様も自分の否も認めながら

でも、
娘が悪い
娘を許せない
娘が変わって欲しい・・
という気持ちが湧いてくるのを抑えられずにいらっしゃるようでした。

子供が勉強したら(仕事したら)良い子
サボったら悪い子

というよな
DO 何か行為をしたことには
認めてあげれるけど

やれなかった時には
認めてあげないという様子です

約束を破ったとか・・
裏切られたとか・・

本当はこうして欲しかったのに
思うようにしてもらえないことに
自分が怒って
その怒りに触れては子供はおかしくなるので
皆出て行ったのでしょう・・

まだ6歳や7歳位の小さな子から
20代の女性までいましたが・・・

本人のあり方 存在
BEを認めてあげるという大事なことに
目を向けてもらいたいとお話をしました

ちょうど息子の通っている学校の通信に
水島広子さん著の
「小さなことに左右されない本当の自信を手に入れる9つのステップ」
(大和出版)の記事が届いて
読んでいたら同じメッセージがあったので
シェアしたいとおもいます。

子供たちは今本当の自信を失っています
(裏を返すと家出する子の親の方がそれを失っているように思いますが・・)

これは自尊心や自己肯定感と呼ばれるものだそうです
自分という存在に対する無条件の肯定感です

「なんとかなるんじゃない?」という安心感です

これがないと
やっきになって勉強したり
何か持ち物を集めたり
資格とか免許にこだわり
武装して自信をつけようとしてしまいます

それは自分に自信がないからなんですよね・・

私の生徒さんにも多いのですが
もっと勉強しないと
自分の悩みが解決しないんじゃないか?と
やっきになっているような人もいらっしゃるのですが
恐怖心からやるのだと苦しいと思います

日盤吉方とったら気分が良くなるけど
凶方だったらがっかりしたり
日盤吉方取れない日は落ち込んだりのように
毎日したことに焦点をあてると
アップダウンが激しくて参ってしまいます

スポーツで良い成績を納めるとか
何かで評価されるとか・・なんて
そんなにあることではないので
本当は自分が自分を褒めれたら良いのでしょうけど
そういう人ほど自分に厳しすぎます

ご主人もそんなにほめてくれることもないので
仕事にやっきになったり
人助けや人の面倒を見る時間が増え
誰かの感謝で満たそうとします

でも本当はそれをすればするほど
自分を見失っていきます

存在しているだけで良いではないか・・と
生きているだけで感謝
生きているだけですごいって!
心が今思えたらその瞬間から
どこかにいかなくても
何もしなくても幸せになり
その幸せな笑顔で
子供たちもご主人も幸せになり
街も地域も学校も、職場も日本も世界も平和になります

いじめや自殺などで命をたつ子供が多いのは
日本だけです

戦没者より多いくらい
日本は豊かになったのに
マスコミやネットの普及で情報量も増えたこともあり
誰かの基準や誰かの価値観や評価に左右されすぎなのかもしれません


何か役に立たないといけないと思っていると
それを人にも押し付けます

自分が何かを(DO)をしたら
評価されるという生き方は一時的には満たされます

でもそれが自信になるかというと
そういう自信は失敗した時に崩れます

昨日にこんな記事を目にしました

ただ人生を思いっきり楽しみたい

自分の人生を楽しむだけで良いんですよね。

自分の人生に集中してくれたら
周りは幸せなんですよね・・・

それなのにおせっかいばかりして・・・
子供のことに一生懸命になったり
人の世話に一生懸命になってばかりで
自分のために人生を生きていなくて

これだけやってあげてるのに!の・・・のに・・・

しなければいけない の MUST

したいからやっている

が日常に無いんです・・・

人にやってあげることで相手の自信を喪失していることにも気がついていません
(やらせてもらっているのにね・・・)

そしてやらなかった時に
「なんで?」と怒り
自分がせっかくお金や時間を費やしたのに
とか
「約束したのに」とか

怒りは
ラーメンの汁が残っているところに
替え玉をするが如く次々に
盛られていきます
(これは私の講座を受講している人ならわかりますよね・・・)

自分の人生この子がいなかったら・・・
と子供に邪魔されているかのように
と思っているのかもしれません

だったらやめましょう

その思いをやめましょう

そのマイナスの発言も今すぐにやめましょう

誰かに愚痴るのもやめましょう

困った時がチャンスなんです!!

そのタイミングで皆学びます

母親というのは・・御用聞きくらいでいいそうです

「何か私にできることある?」くらいで良いんです

困るまで、放っておいてみてはどうでしょう?

パラリンピックも始まっていますが

きっとお子様たちは五体満足で何も不自由してないはずです

あの選手たちにできるなら我が子にできないはずはないですよね

我が子も笑顔はできます!

それで十分!って思います。

昔・・親にあまりかまってもらえなかったからという
反動かもしれませんが・・

わが子を自分の持ち物のように
過保護に接しているのは
子供を弱くしてしまいます・・・

常に
それが正しいとか間違っているとか・・ジャッジして
そのものさしは誰のものでもない自分だけのものなのに
世間ではという言葉をもちだします・・

相手のできているところを褒めるより
できていないところばかり目につき
責めていたら
ママたちを喜ばせたくて生まれてきた子供たちは
どこに居場所を見い出せばよいのでしょう?

笑顔だけで半径200kmくらいの人を幸せにできます

笑顔だけで生きると決めても良いほどです

心配している裏には
できなかったら子供が困った時可哀想と思う慈悲
やさしさがあるのはわかります

嘘をついたり
約束破って大人になったらろくな大人にならないのではないか?
など将来にむけて心配なのもわかります。

家出して何かあったら
人にさらわれたり事故にあったらと
怖いのもわかります。

でも、それは全部妄想です

恐怖に負けないでください

一度くらい悪い事しても
失敗してもそこから学ぶはずです
あなたが学んだように

失敗すること
傷ついたり
悲しんだり
裏切られたり
いろんな体験をしたいと思って生まれてきた
あなた達の子供たちのほうが
ずっと魂も高く
それらの障害を乗り越える力があるので
信頼してあげてください

その子たちは皆自信があるはずです・・・

それを否定するようなことを
毎日言い続けないでください

今やらないと後で困るなんて言わず

今しかできないことをいっぱいさせてください

私もこの15年も同じように叱ったり
子供を脅したりしてきたので
今本当に無駄なことをしてきたなと後悔しています

今を大事にと言いますが
今に集中できるかどうかも成果だそうです
出来ないからといっても罪にはなりません
引きこもりは50万人も超えているそうです

現実を受け入れるというのも成果です

出来ない子もいるんです・・・。

自分の子供の気持ちより
人目を気にしていませんか?

子供がやってくれたら
自分は安心する・・

自分の安心は人がどうこうしたことで得るものではないんです

子供たちはそんなこと見透かしています

昨日フェイスブックで見かけました

当てはまっているものを全て手放して下さい。

□人のお世話や面倒を見る

□人助けに没頭する

□人を育てることに没頭する

□誰かのせいでやりたい事が出来ないという思い込み

□使命感や責任感でやりつづけていること

□お金のために無理していること

□夢を叶えるために今の自分を酷使している状態

□誰かと競っていること

□練習を重視して実践が出来なくなっていること

□誰かに成果を見せたいと思ってやっていること

□プライドや極度の拘り

□自己価値を何かの「成果」や「評価」ではかること

□無理矢理頑張ること。無理矢理テンションをあげること

□努力してボロボロになっていると自分は頑張っていて、
大丈夫な気がするという思い込み

自分を幸せにする覚悟



きっとできるはずです

このブログを読んだ貴方はとてもラッキーだから

自分の幸せを邪魔しているのは他でもない自分です

今どういう心のあり方で生きたいですか?

こんなあり方を大事にしたいと決めてください

人に対してやさしくありたいとかでしょうか?

だったら自分に一番優しく接してあげましょう

怒ってしまっても そんな自分を許し認めいたわってあげてください

心の姿勢は 自分で選べるものだとあります

自分の内側にある不安や恐怖に気づいたら

優しい気持ちをまた取り戻せます

昔の記憶が戻ってきて怖かったのかもしれませんが
自分と娘とはまた違いますし
過去の延長線上に未来が決まっているわけではなく
今 自分の思いを変えたら未来は変化していきます

成果とか結果とか行動ではなく
自分がどう感じるのか?を大事に生きてみましょう

気持ちいいと感じるように集中しましょう

完璧にやりたいという思いを手放しましょう



個人セッションも受け付けています

60分 7000円

120分 12000円

お問い合わせお申し込みはこちら

ぽちとひと押しお願いします




JUGEMテーマ:幸せ



日本に帰国することに

  • 2015.08.27 Thursday
  • 18:00
マレーシアに滞在後
これを仮吉方として来年オーストラリアに吉方で越そうと思っていましたが
今回夏いろいろ内観する良い時間を過ごし
しばらくはまだ日本にいることにして
9月1日に関西空港に帰国後
2日に岐阜に戻ることにしました。

八白は今年陥入で息子は月盤本命殺
年盤本命的殺で7月からこちらに来ました

経済的にも出費もありますけど
それよりも、
人間関係でのストレスは半端無く
息子も他の子供たちとのトラブルで誤解を受けたり
家族中一白の象意の病気や
携帯の紛失などなど・・
事件が多々ありましたが
すべて 良い人に巡りあい
災いが転じて福となる素晴らしい滞在経験となりました

これも3年前に一白、二黒、六白の仮吉方を息子も私もしているからだと
痛感しました。

今後娘は最大吉方で4月から来ていますから
単独で寮生活に戻り
私と、息子が日本に帰国し、別々で暮らすことになります

最大吉方九紫を持つものは
離れて暮らすことが多いのかもしれませんね

易でも天地否が出ていたとおり
息子は帰国を希望し、
先生方も日本での就学を勧めて下さり
自分の考えだけではギリギリまで迷い
試されましたが、スッキリとした答えが出て
今後何度かマレーシアに往復することになりますが
拠点は日本で今後も変わらず
講座を続けていきたいと思っています。

CD受講や
心理学の個人セッション
お待たせしている録音講座の送信
などは9月の3日頃からさせていただこうと思っています

陥入にしても凶方にしても
いろいろなことは起こりますが
必ず誰かに守られていると
そう思えることが気学を学んでいるからこそだと思います。

心理学など再び学び直し
深く一人過ごす時間を過ごせたことは
陥入のおかげだと思います。

人生忙しく何かに駆り立てられるかのように
学ばなきゃ、変わらなきゃと思っている方も多いと思いますが
まずは、なぜそう思っているのか・・
そこにフォーカスしてみてください

本来自分があるべき理想の姿と
周囲に期待されている自分と
自分てこうだから・・と思い込んでいる自分の
バランスがとれるようになるために
いろんな現象が起きているはずです。

私も、バスタブはない、料理も口に合いそうにないので
日本に帰りたい、暮らしたいと思っていたのに
ひと月で、帰りたくないほどにマレーシアが大好きになり
こんな子供たちと一緒に暮らしていけるのかと最初は不安で始めた生活でしたが、
娘とずっと暮らしたいなと覚悟を決めて
マレーシアで生活するのも悪くないなと思った矢先に
卒業証書をもらったような気分です・・・。

執着というか・・
こちらが煩わしい・・・嫌だ、あの人が変われば良いな・・
場所を変えよう・・と環境を変えたら自分が良くなるのではないかと思っているうちは
きっと何も変わらないのでしょうね・・

冬のあとの春のように・・・
八白もいよいよ中宮を抜けて出口です


お問い合わせお申し込みはこちら

ぽちとひと押しお願いします

JUGEMテーマ:海外生活


しばらくマレーシアへ行ってきます!

  • 2015.07.25 Saturday
  • 16:15
一ヶ月ぶりの更新です

6月にはニュースキャンというロシアの波動の機械も買い
心だけではなく、
体の健康にもアドバイスさせていただくチャンスを頂きました。

その後娘をマレーシアへ迎えにいき、
彼の住むケアンズへ行き、子供たちと暮らせるかな?と
トライアルをしましたが
2ヶ月寮生活した娘は
息子と会うやいなや、
兄弟げんかも絶えず
思春期真っ只中で反抗も激しく・・
家族4人で暮らすのはとても難しいなと痛感しました

ゴールドコーストでは彼のお兄さん、お姉さんや娘たちにも会い、
大変気に入ってもらって歓迎され
今すぐにでも越してきてもらいたいという彼の熱意は
有りがたいのですが・・・
何せ方位が凶方なのと
空亡での結婚や、住み始めるなどは
算命学的に良くないと言われているので
来年8月には私も吉方になるので
単身での引っ越しにしようかな・・・と思っています
もし、合格したら、
子供たちはマレーシアのボーディングで勉強し続けるのが
子どもにとっても私にとっても良いかな・・と

どうしても、
子どもに干渉してしまうので
ほうっておくということができれば良いのでしょうが・・
それも難しく・・

今日からのマレーシアもどうなることか・・・という感じです

50歳も近くなると
新しいことがもうあまり楽しくありません

前なら海外移住なんてウキウキしましたが・・・

温泉で日本食のほうがずっとずっと嬉しいんですよね

さすが陥入で出費もすごいですしね・・・

結婚するVISAだけで100万

2年間は永住権も取れないので子供の学費も
二人で600万はかかるでしょうから・・

陥入のせいか・・・

安定すると嫌になる不幸グセの所為か・・

結婚へも二の足を踏んでいる状態です・・・

まずは、子どもが環境になれるように

自立して勉強していけるように

マレーシアでの滞在を優先して考えて行こうと思っています

仮吉方やら吉方への旅行もマレーシアやケアンズは距離もあるので
出方も半端無く大きいです

講座はしばらくお休みです

いつも夏休みなど子どもの休みは春も冬もお休みですけど・・

今回は9月18日に帰国予定ですので
ちょっと長い間
連絡なかなか取れないかもしれません

その間に村山先生の今までの復習をしたり
体のお勉強したり
心理学のセッションはリクエスト有る方には
続けていきますが・・

私もちょっと休養しようかなというモードです

陥入は休むというより勉強するのが大事ですからね・・

新しいことも始まってきていますから
力を付けたいなと思っています

久々の日本帰国では
大阪、横浜、東京とオフ会をやったり
子供たち連れて各地遊び
超多忙な毎日でした・・・

天将を持つ私は
人の何十倍も動いていないと
病気になるらしいので・・・
家族だけではなく
世の中の為に
何か自分でできることを探しながら
夏を過ごしたいなとおもいます

算命学も習いながらも
久々に村山先生のプロセミナーで気学の仲間と
空亡も恐れることなく
方位に縛られ、使われることもなく
自分が開運していく大切さ、生き方も改めて感じました

宿命に翻弄されるのではなく
だからこそそれを生かしていく

幸せになるたくさんの知恵を
もっともっと磨いて人生を輝かせようと思います!

メールはこちらへ


ぽちとひと押しお願いします



JUGEMテーマ:海外生活


傷を認識したら痛みも快感に変わる

  • 2015.01.11 Sunday
  • 12:38
去年のニューイヤーズイブはシドニーブリッジで花火を見て
来年はもっと花火が近くで見れるところを予約してまた来ようと約束したのに
二年後には日本とギリシャを3ヶ月くらいかけて旅行しようねと
子供たちの成長も待っていつか結婚して一緒に暮らせたらと・
将来のことを約束して数日後・・
年末年始は旅費も高いし、今年は子供たちと過ごそうと思って離れている間・・
彼の心はすっかり離れてしまい・・
クリスマスプレゼントも無ければ、メッセージもないし電話も出なくなってしまって
生きてるのかな?病気じゃないかな?とfacebookを覗いてみたら
最悪なことに、何人もの新しい女性と友だちになり
婚約しているじゃない?と女性に聞かれても
もうそれは終わっているから付き合って欲しいとか
ハートや花の求愛の写真やメッセージを送り
なんと私の親友には・・・クリスマスプレゼントでネックレスなど送っているではないか・・

確かに・・・私はクリスマスプレゼントは遠慮して送らなくて良いからと言ってしまったけど・・
娘がエミューオイルとかも欲しいというので何かのついでに送ってって書いたのに・・

この事実に・・・どうしたら良いのかと久々にうろたえて・・怒りと悲しみの中
どんな感情が私に何を体験させたいのか?ずっと考えて
チベット体操に向かう・・最後の瞑想で・・
私は期待していたんだ・・
これだけのことをしてあげたんだから何か返ってくるだろうと・・・
それが他に行くのが許せない・・自分に返ってきて欲しいと
見返りを期待して、愛を期待してるから悲しいんだと・・
つまり嫉妬
執着があるからこそ・・・
これは愛情であって愛でないから・・苦しかったんだ・・・

愛は与えるときに感じられるから
彼の愛を受け取るのが下手ならそりゃー他に行ってしまうよね・・・

そして・・・その夜、その親友に久しぶりにスカイプで数秘を見てもらった・・・

数秘は答え合わせだよと言われた通り・・

それは気学でみたり算命学でみたりするのとほぼ同じだけではなく
私自身が心の中では知っていたり、
意図していたことと一致していて本当に驚いた・・

この1月は一旦終わる月・・
9年のサイクルの一番最後で・・ナンバー6 
この時期は愛についての学びの時期・・・とのこと・・

しかも私は人生通してパートナーから学ぶことになっているので
二度の離婚に、またしても私とは全く違う・・新しい価値観と習慣をもつ
クリスチャンで肉食で食後にはコーラを飲みタバコを吸い、カジノが楽しみという
ギリシャ人と2年間の遠距離恋愛に終止符を打つことになっていたようなのだ

私も彼も 5という数字を持つのでとっても自由人

さらにグローバルな数字もあるので宇宙的で無限大・・

結局・・・結婚して一人の人と添い遂げるなんてことは無理な話・・

私自身は変化したいし、成長したい・・
でも安定という逆のベクトルが働けば当然葛藤が起こる・・

破壊と再生を繰り返して自由というのを探し求め、全ての感情を味わうべく生まれているので
本来なら一人に縛られることなく
多くの人との関わりの中で成長するのだから
顕在意識とは裏はらに、私の意識は
決定的に別れるような現象を引き寄せた

不自由さの中でこそ自由に気づくもの・・

一人の男性の中に完ぺきを求めるなんてことは無理な話で・・

もっと大きな視点でこうあるべきなんてことをどんどん外して・・
人のことなんて・・関係ないくらいに
自分が輝く、自分が生きることに集中していたら良かったんだ・・

今回の恋愛も気学でもインド占星術でも続かないのはわかっていたこと・・
だったらすぐ別れるより芸の肥やし、ネタにしたら良いと最初に決めたのも自分

人生で体験すること全てを通して私は自分で感じ、
世の中の女性が持つ、結婚願望や、嫉妬や、待つ不安など
今まで一度も味わったことのない感情を味わいきった・・と思う・・

目に見えない、意識が現実を作ること
それをどうこの男に伝えたら良いのだろう・・
の2年間だった・・


今起きていること 現象は 過去に傷ついたところ
つまり魂の傷をみつけるためのもの

血が出ることや・痛いことは悪いことではない

ここに傷があると認識するには必要なことだから

そうじゃないと治すことも出来ないと言われた

気付かず放っておけば、
傷はどんどん深くなる

もう自分は誰かに傷付けられることも
裏切られることもないんだと学ぶために
それを認識して自分を許すために

どん底まで落ちたからこそ、しゃがんだ私は
今まで掴んでいたすべてのものを一旦手放し軽くなって
大きく飛躍する・・

そういう時期なのだそうだ・・


だったら、この屈伸は次への躍進なのだから
この痛みは・・・快感に感じられるはず・・・

自分にしか癒せなかった傷・・

今を楽しもう・・

先の約束なんかしないで、その時一番したいことを楽しもう

広い世界・・ケアンズだけなんて・・もう飽きていたし・・

今年は陥入だからおとなしくしていようと・・・講座もあまり入れなかったから・・

バランスを崩してしまったらしい・・・

私は動きを止めてしまうと死んでしまうサメのように
ずっとずっと動きを止めてはいけないらしい

それも今回はチームでやっていくとのこと。

来週ケアンズから知人が来日するにあたって、

どうしたらよいの?と応援を頼んだら

知り合いの方が快くいろんな提案をしてくれて、

通訳なり、瞑想なり・・・観光案内なりと皆ボランティアで良いから〜と

助けてくれる・・・

今までは何でも一人でやってきた・・・できないことにもがきながら・・・

でもこれからはどうも多くの人と関わって
一緒に何かを作っていく9年が始まるらしい

その節目・・

多くの人に目に見えない世界のことを伝えていく役目・・・

幸せとはこう!なんてものも
自由とは?なんてものも100人100様だから
私の経験とかが何かを発するのはおこがましいと思っていたけど
人は一人では中々気づけ無いから
違いの中からその人の好きや嫌いや思い込みや価値観を気づいてもらうべく
発振していけたらと思います

あってもなくてもよいや・・・と執着がなくなったら
連絡もあるさ・・と言われたとおり
今朝謝罪の連絡と花とハートの写真が届いた・・

感情では別れたくないけど
心はいろんな楽しい経験を一緒に出来たのだから
あなたのような素晴らしい女性を一生忘れませんと。

1月の最後の最後に八白の私は九紫の上に乗ってて今年別れたら同会吉方
12年分の吉がやってくる。

婚約して、婚約破棄して喧嘩別れはいけないと仲直りして二度目の正直の九紫。

宇宙は私にベストのタイミングで何もかも来るんだと忍耐を教えてくれる

それこそが陥入

でも数秘では収穫の時

ポジティブに味わうか・・ネガティブに味わうかは私次第・・

宿命は決まっているけど、どう受け取るかは自分次第・・

「どう自分が意識するか」に、大きな意味がある

出来事や事実ではなく・・・そこに意味を付けず・・

信頼する・・・全ては私の魂の成長のために起こっているのだと。

だから全てはありがとう!だ・・・

彼が浮気したから親友と久々に語り合えた

自分の使命を再確認できたし、私の向かうべき道が見えた

はじまりのとき・・・まだ形になってないけど

10年後それがきっと形になっている

そのために行ったケアンズへの一白の仮吉方だった・・

四緑暗剣の方位南へ。

整うと、安定すると暗闇から刀

安定は私の人生には似合わない・・

私の家は地球です

くらいに・・・世界中行けたらと思う

その時間をどう楽しむか・・

今をどう楽しむか・・・

悲しみも怒りも、比較するものがないとわからないから

嬉しいとか楽しいという感情を味わうためだけに存在するもの


そこに罪悪感はいらない

私の目に見えない氣はいつでも意識として世界中どこにいても届いている

アナスタアシアのように

だからこそ、鏡のように私がネガティブを出すとネガティブが返ってきていただけのこと

全ては私の手中にある

私は自分からポジティブな氣を出し、氣を配ろう

世界中どこにいても、たとえ離れていても、その人を思っているよと。

我が子でも、パートナーでも。

周りの人の行動を私には変えられないし、コントロールも出来ない

人も自由だし、私も自由

家族だからこうあるべきなんてことがないのだと柔軟にみられるような9年だったと思う

先日元夫にもアナスタアシアを薦めた・・

彼の奥さんはロシア人なのにアナスタアシアを知らないなんて・・

いつかうちの子をミャンマーとかどっかで育ててあげて欲しいと頼んだら

育児放棄?と言われたけど・・子供たちは私が育てるんじゃなくて
きっと勝手に生きていくと思う

元夫は自分の子も、放っておいて福島の子供たちのためにとか
ミャンマーの子供たちのためになんてやってきてたけど・・

なんとなくそれも今、わかるようになってきた・・

許容範囲がどんどん広がっていく・・・

そうしてほんとうの自由を知る旅が今始まり

この世にまだ無いものを形に残す9年へと続くことになる





お問い合わせ、感想はこちら

ぽちとひと押しお願いします








JUGEMテーマ:スピリチュアル




JUGEMテーマ:心理学


JUGEMテーマ:人間関係


JUGEMテーマ:海外生活


自分の制限に気づく

  • 2014.11.30 Sunday
  • 00:32
娘が何かを欲しがった時に、
その後「やっぱいい・・」と諦めるのが気になっていました。
どこかに行きたいと言っときながら、いざ行こうとすると「行かない」とか
「食べたい」と言っておきながら「いらない」と諦めたり・・
なぜなんだ?と何年も悩んできて
ふとおととい目に止まった言葉が・・・
「欲しがってはいけない」でした・・。

欲しがることは悪である・・というか
欲しがらないことが良いことのように無意識に思っていたようです
特に「もの」に対して・・
だから子どもがなにか欲しがると
なんで我慢できないの?どうして欲しがるの?という
幼いころの私は我慢したのにという感情がありました

服なんか古着でも良いと私は思うけど、娘はブランドのものを欲しがるし
映画だってどうせTVでやるでしょと私は思うけど
娘は映画館で見たいと言います。
リクエストされれば、私は「良いよ」っていいながら・・
心の中では「もったいない・・・」と思ったりしていたので
「ママは我慢してるのに私だけが欲しがってはいけない」という遠慮が
彼女なりにあったのでしょう・・。

私は前世で、修道女だったそうです。
(3人位の人に言われたことがあるのでそうなのでしょう・・)
神との結婚は身一つと家も家族も財産も友達も何もいらないと思って生きていたのだと思います。
神の愛を受け取れないという怒りがずっとあったそうです。
本当は神の愛は届いているにも関わらず、
あるのに求める
そして・・諦めていたのですね・・。

清貧の誓いを立てていたのかその癖で、今世はあまりものに執着がなく
車だって走れば何でも良いし、
部屋も子供の頃に住んでいたまま・・・タンスも本棚も30年以上前のものだと思います
あるのに買うのもったいないし・・と思うので
私の前の夫は二人共かなりお金をバンバン使う人でした。
陰と陽のバランスなのでしょうね・・
だから・・お金だってあったら誰かに使われてしまうという信念ができてしまって
そういう経験をして、お金はとどまることなく流れて行っておりました。
「人生は修行だ」という信念もあったので
苦労した方が成長できるくらいに思い込んで生きてきたように思います・・

でもそこが間違いだと気が付きました・・

私はいらないけど、子供にだけ受け取って欲しいと思ってきたので
子どもが受け取らないをずっとやってきたんですね。
それで
まずは自分が豊かさを受け取る許可を出しました

流れが変わりました・・

人は体験したいがために生まれてきて
感情を味わいたくて経験します

うそ〜こんな病気なんか体験したくない
貧乏はいや〜
こんな旦那はいや〜と思うかもしれませんが・・
自分が選んでそれを経験しているといいます。

フランケンシュタインが絶世の美女の奥さんを作ってと博士に頼まず
自分と同じ醜い奥さんを作ってと頼んだように
フランケンシュタイン症候群といって、
分相応の願いを願っていたり
自分にはこのくらいという制限や諦めも作り上げてしまうのだそうです

神様にオーダーを出しておきながら受け取りを拒む人なんているの?と思うでしょうが
多くの人は願っても叶わない、叶うはずないと自分で制限をしているそうで
神様の倉庫には一杯名前のタグのついた
取りにこない特注品が眠っているそうです。

敵は自分の中にあり、
神様でもなければ、周りにいる人でもありません・・・

自分の人生を邪魔しているのもそれは自分以外の何者でもありません

私は私のためだけにお金や時間を使うというのが罪悪感だったので
私に罪悪感を感じさせないために
子供たちや、元夫などが使ってあげようが働いていたのかもと
今日はじめて気が付きました・・

私が喜ぶためにこれからの人生を生きよう

と決めた今日一日はとても充実していました。
今日は子供を置いて遠出をしました
土日に子供を置いて出かけるのは罪悪感の塊で
どうせ出かけるなら一緒に楽しめるように
それが私のお金と時間の使い方でしたが
今日はひとり私の為に高速代もガソリン代も使い
友人とランチして温泉まで入ってきました・・・。
普通じゃんと言われるかもしれませんが
私にとっては子供たちとでかけ食事をしたり一緒にお風呂屋さんに行くの選択のほうが
ずっと楽なわけです
でも子どもと出かければ、兄弟げんかはするし、私は子供を優先して
自分が我慢したり、イライラしたりするわけで
健全ではありません・・・

今日は
どこへも連れて行ってあげられなかったのに子供たちはご機嫌で
母からのクレームもありませんでした・・・

「あなたのために」という母親のプレッシャーの元 育つ子どもの身にもなって
という友人の言葉が身にしみました・・・。

あなたのために私は働いているのよ
あなたのために土日は休んでいるのよ
あなたのために時間を作ったのよ
あなたのためにお金を使ったのよ・・

言わなくても子どもはちゃんと感じるものです・・

昔は大人の会話に子どもは入れなくて
お金のこととか大人の事情は子どもにはわからない世界でした。

だからこそ、早く大人になりたいとあこがれ尊敬もした

あの頃の私に今の私の事情なんて想像もつかない・・・のに・・
子どもになんでわかんないんだろう?なんて思うことのほうが間違いだったんですね・・


年末も子供たちとスキーです

この年でスキーは大変と思って憂鬱だったのですが
コミュニケーションの達人の私の師から
「無理なことはしなくていいから、2時間だけでも真剣に手を抜かず子供たちと遊んで
自分が楽しんだら良い」と言われました
できることとできないことをはっきり伝えること・・

家族であってもその線引があるかないかは・・・
自立して長続きする秘訣かもしれません

私の母は他人も我が子も、犬も同じように共感し
同じように対応します


そこが身内としては水臭いとか、冷たいよな〜と感じるところで
愛されてないのかなと比較した時もありましたが
それをずっと教えてくれてたんだと今日は気づきました。

子どもたちに何でも与えて合わせるのが良いわけではなく
それは愛ではなく相手の自立も、自尊心も、自己肯定感も
奪う行為だったのかもしれないなと思いながら
これは自分と親との関係も見直せる瞬間でした・・。


ぽちとひと押しお願いします









JUGEMテーマ:幸せ


JUGEMテーマ:スピリチュアル


自分を認め信頼する

  • 2014.06.24 Tuesday
  • 22:56
厄介なのは嫉妬というもの

インド哲学でも、7つ大罪で一番重いのが嫉妬。

恨んだり怒ったりするのは相手だけではなく、

実は発振する自分自身にとってのダメージが大きい

パワーの使い方には二種類がある

愛のパワーと破壊のパワー。

どちらで使うかは私の選択・・・


なぜ嫉妬が起こるのか・・

どこから来るのか?

それを見つめて感じ尽くす

「私のお金で私と電話したりメールするための時間を

 他の女に使うなんてどういうこと?と怒れば楽だけど・・・」私

「言い訳をするチャンスを相手に与えてぶち壊すよりも沈黙よ

でも、八白は全部欲しいだから難しいわね・・・(六白の友人)

確かに・・・相手の時間や行動は自由なはずだけど・・・私のために使って欲しいって思う・・・

じゃ〜なぜ知らない人にメッセージ送ってるんだ?(私)

「それが男の本能というもの・・・

世界中の人に愛を振りまきたいというボランティア精神の塊の人なのかもよ」(六白の友人)

確かに・・見ず知らずの子連れの私に3ヶ月間も親切にしてくれたものね・・・。

「相手を助けなきゃって波動を出してるでしょ・・」

にハットする・・・

インターネット苦手だからと全部セットアップしてあげたのが間違いの元・・・

頼りない女にはしっかりものがついて

しっかりものの女性には頼りない男性がくる・・・

陰と陽は引き合うものね・・・

私のせいで、彼は頼りないを演じているのか・・

他の女性の前では頼りがいある男を演じられて楽しいのか・・

九紫最大吉方なので、顔で笑って心で泣いて・・・で明るく行くか・・・

あるいは心で泣かないくらい人生を客観的に楽しむか・・

「人生の全てがネタよ。

 ボーイフレンドなんか九紫最大吉方だったら2人か7人位つくっちゃえ!」(さすがただでは起きない六白)

ついつい被害者意識になるところを

私がもっと大きな愛を体験するための過程なのだと思う・・・。

五黄の不満が四緑を暗剣殺にする・・

四緑暗剣殺で出会っているだけに「婚約」と整ったからこそ出てくる暗闇に刀

五黄を愛とは宇宙的な愛

宇宙の愛は測りきれず、むっちゃくちゃ大きいのを信じきることができるのか?

易を出したら・・巽為風

すごいな〜やっぱり易はすごい!!

結婚に迷いが出るとき、相手に他の人が現れる可能性・・・

互卦などとると火沢睽(かたくけい)  争い

錯卦やそう卦は、兌為澤 喜ばすことか・・・

震為雷  SINLAI  信頼か・・・

と思って今日は、変換さんを手にとっていた・・・友人のブログを覗いたら

なんと、完売だったのに、装丁新たに3月に再販もされてる

変換さん 発売

本音を言えば争いになるけど

私がやさしさで相手を喜ばすのか・・・

変換さんを読むと

怒りも悲しみも寂しさも辛さも、負のエネルギーは

自分を知ることで出現しなくなるらしい・・・。

自分の感情を知ることで、自分以外の人の意識に動じなくなり

私が私らしく生きられると・・・

確かに私は子供やパートナーやいろいろな人のエネルギーに翻弄され

それを発振していたかも・・・

一人になりたいって思うから(九紫の特徴)

それが具現化されているだけのこと・・・


自分自身が何に振り回されているのかを知ると

思いの現実化が早まるという

楽しく、美しく、嬉しく 感動的に生きていくことにフォーカスだ!

「あるがままにとは・・・全てを受け入れることとは異なります

 良いと思えることも悪いと思えることも

 全て受け入れて忍耐し我慢することではありません

 自分が観じたままの思いを大切にして日々を送ってゆくということです」

長いこと・・自己犠牲や我慢をする人生だったので

まだその癖が残っていたのか?

一つ誰にももらえないようなものを自分にプレゼントすること・・・

それでかなり変換させていくらしい・・・


思えば子供のものパートナーのものは買えても

自分のために買えない性分・・

だから彼からの言葉や時間を欲しいと思いそれで埋めようとしていたのか・・

人は無条件に十分愛されてるよ〜と思えると

初めて無条件に人のことも愛することができるという。

自分のことを褒めるとか喜ばすということもすっかり忘れていたかも・・・

10年以上子供中心で生きてきて

自分の時間を持ったらもっと人生は楽しいのだと繭の中から出してくれ

毎日、綺麗だね。大好きだよというメッセージで

自分のことを好きになることができたこと・・・

これは彼がいなかったらできなかったこと・・・


パートナーを失ってしまうかもという不安や恐怖によって

こういう現実がひきおこされているのかもしれない

だから人とか現象なんていついなくなっても大丈夫・・・

自分を素晴らしい存在であると自分は知っているしねって

体験をしときなさいということなのかもな・・・

これは私の周りの人にも出てきている現象・・・

例えすごく嫌な人の隣にいたっていつだって幸せを選択できるってこと・・。

がんばっている自分に感謝

そして今を楽しむことを教えてくれている彼にも感謝

「こうあるべき」という目で世の中を見ないですみます・・

まずは自分が幸せになる

私が喜ぶことで人は幸せになる

ママが喜ぶことで子供は幸せになり

妻が喜ぶことでパートナーが喜ぶんだ・・・。

相手に求めたり、

もっともっととなればキリがない・・・

「愛して欲しい」は奪う発想だってことをすっかり忘れていた・・・

思い出させてくれて感謝

自分を愛して初めて同じ波動で愛されるんだってこと・・・。

ここにメールくださいね

ぽちとひと押しお願いします
















JUGEMテーマ:幸せ


JUGEMテーマ:スピリチュアル


老子も孔子もインドも釈迦も同じ思想法

  • 2014.06.24 Tuesday
  • 07:47
怒りで眠れない
というのは生まれてこの方記憶にない

昨夜婚約おめでとうのメッセージが来るので
???と思っていたら
案の定
知りたくない事実をみてしまった・・・。

仏がどこかにいるはずだと
冷静になるためにこれを
書いていくうちに
自然と展望と開運を手にとっていた

やはりそこに答えはあった・・・

ヴェーダの言葉の

「みるものは見られず、聞くものは聞かれず、考えるものは考えられない」

という一節

表面に現れた物事に惑わされ
奥に隠れた真実を見逃す

語る言葉の一言にとらわれて
相手の本質を見抜けない

修行すればするほど、慢心が芽生え
自分の足りなさや愚かさを見失う

あやゆる修行は目先の知恵を進めるが
それは本質を見抜く透徹した智慧を曇らせてしまう

老子もこの隠元もみな同じことを教えてくれている

愛着が強ければ無駄な努力を費やす

多く蓄えれば守りきれず損失を被る

もっともっとという気持ちを捨てれば恥ずかしい経験をすることもない

だから適度のところで満足する

そうすれば危険に身をさらすことなどない

発展は人間を不幸に陥れる

足るを知れば

不足に内在する豊かさを見抜き

愚かさの中で輝く智慧を見つける

小は大を産み

満ちれば欠ける

剛強でありながら優しい光に溢れ

智慧をみにつけても愚かな雰囲気を身にまとう

人生は陰と陽のつながり・・・

婚約を発表してその日に破棄っていうのも

私くらいなものか・・・



JUGEMテーマ:幸せ


JUGEMテーマ:九星気学


JUGEMテーマ:スピリチュアル


JUGEMテーマ:仏教


潜在意識の罠から出る

  • 2013.06.05 Wednesday
  • 20:58
 毎日のようにメールや電話で連絡を取っていた彼から
ぷっつり連絡が途絶えた。

その一週間後
彼の親しい友人が44歳という若さで亡くなり
あまりの悲しさに
携帯も切り、誰にも会いたくないので
元気になったら連絡するというメールをもらった

彼自身に事故や病気など何かがあったんではないのだとわかり
メールをもらった時はうれしかった    のに

次第にまた日に日に不安がつのり
1週間後には
「婚約を解消した方が良いのかな?」
くらいにまで妄想は膨れ上がっていた。

「親しい人を亡くしたことで
 また同じ悲しみを味わうくらいなら
 新しい人間関係を築くのはやめようと
 再婚を恐れているから
 連絡をくれないんだ」とか

「なんか心が狭いよね
 これからも落ち込むたびにこもってしまいそうだよね
 それで妻や子供の面倒を見れるのかね?
 そういう彼のアップダウンに疲れてしまいそうだよね」

という声が聞こえてきたからだ。

信じよう・・・
彼はずっと私のことを思い続けてきて
氷のような私の心を溶くのに3カ月も待ったんだから
こんな1週間私が待てないでどうする?

という私の声なんて容易に打ち消されるほどに。


もう何年も精神世界の勉強も
心理学も、東洋哲学も学んで来ているのにもかかわらず・・・

しかし・・・・

大きな落とし穴にはまっていることに今朝気が付いた
(これこそ陥入)

昨日までの私は
宗教的に
キリスト教は輪廻転生がないから
人が亡くなるとそれで終わりだと思ってしまって悲しいのかな?と思い
だったら魂というものは永遠なんだとちゃんと説明してあげなきゃ

とか

普通(この普通って何なんだということになるのだろうけど)
悲しい出来事があったら、恋人に打ち明け
シェアするものだろう・・・。
それが家族というものではないのか?
心を閉ざしてないで話せば楽になるだろうに
なんで私を頼ってくれないんだ
私のことを試しているのか?

と思い続けてきた。


だから
そういうことを肯定させる言葉を
私の信頼する師やヒーラーさんの口を通して
聞くことになったのだ・・・。


やっぱり・・・と思って
あきらめさせようとしている正体とは・・・
他ならぬ私の
潜在意識だ。

今朝、そういうことだったのか〜〜〜〜!と目から鱗だった。

ここのところ毎日私はずっと自己催眠をかけ続けている

「愛するということを理解したい」と

毎日毎日問いかけてきた。

だから新しい概念が私のところにやってきた。

人は快適ゾーンを出たくない。

潜在意識も、脳も、変わってほしくない。

だから慣れている私のやり方を今回もやらそうとしてきたから苦しかったのだ。

事実だけを見てみよう・・・

彼はただただ一人になりたくて携帯の電波の届かないところにいて

私の送ったいくつものメールはまったくみていなかったらしい。

彼の育った家庭では、人が亡くなると

一人でその悲しみに浸り、喪に服すという。

宗教の違いだからというのではなく

彼は彼の人生に起こった急な出来事に対処するために

一人になり、じっくりそれを味わっていただけだったのだ。

そんなときに酒に頼ったり

見ず知らずのカウンセラーのところに行って話をしたりして何の助けになるのかと。


普段からブログでも講座でも

自分でそれを乗り越えるしかないのだと人には教えてきているのに

人に頼ってほしいとはなんたるエゴ

そんな男の方がよっぽどイタイ・・・じゃないか・・・。


先日

「人は愛と感謝と喜びだけを感じたら良い」のだと知った。


彼は私に悲しみをシェアしたくなかったんだ・・・。

それが彼の思いやり。

電話が久しぶりにきて私が泣いた時に

「君は僕を失っていないんだから泣かないで笑って。

 僕は十分泣いたんだからもう涙は要らないよ。」

と言っていたではないか・・・


私は今まで子どもや元夫の問題までいつも背負っていた

背負って解決しようとしてしまっていた・・・。

彼らがやるべきことなのに、すっかり私が奪っていたのだ・・・。


仏法でも同苦といって

苦しい人を助けるために地湧の菩薩が同じ苦しみを持つ者として

人を助けるというのを私は理想としてきた。

上から目線で私はできるあなたできてない人的に

人を助けるのは良くないと教えられてきた。

だから、自ら苦しみを引き寄せる癖があったのだと思う

その方が他の人が共感しやすくて

私が不幸でいることで他の人も救われるのではないかと勘違いしてきたのだ。



さっき、彼と久しぶりに顔を見ながらfacebookで話すことができた。

「私が間違っていた。
 
 いつもの癖で同じことを繰り返すところだった。」と告げた


すると彼も同じことを考えていたようで

「まず一番大切にするのは自分だと教えたよね。

 自分で自分の面倒を見れない人が人を助けることはできないんだ。

 君が近くにいたなら違っていたかもしれないが、遠くにいる人に電話で何ができる?

 もうすっかり元に戻ったよ。だからもう心配しないで。一人でいる間ずっと寂しかったよ。」

「寂しいのに電話してこないというのが私には理解できなかったの」

 「寂しいし、会いたいし、愛しているけど 一人になることも必要だったんだ。
   
 聖者はどこにいて何をしてるか知ってる?」

「人里離れたところ・・ヒマラヤとかで瞑想してる」

「そうだろ。僕もずっと瞑想していたんだ」

一人になるというのは誰かを拒絶することとイコールではない

神と対話したり、内観したり、瞑想したり

私もそういう時間は必要で、人に会って答えを知ることもあるけど

答えは自分の中にあるのだからと

極力一人になる時間を大事にしてきた・・・。

なんで立場が逆だとわからなかったんだろう・・・。

孤独が人を不幸にするというのも間違いだ。

心配をかけたくないからこそ親にも言えないこともたくさんあったもの。


教えてあげなきゃという奢り

これほど怖いものはない・・・

「私があっている」「自分の価値観に合わせようとする」怖さ。

スピリチュアルなセミナーが世の中にはたくさんあって

神秘的な体験をしたい人がたくさんのお金を費やしてきているが

霊的な体験をするというのは

ずばり愛を実際に体験することに他ならない

受け取るよりもたくさんのものを与えていると感じて苦しみ

自分の愛を相手に気付いてもらえなくて苦しみ

自分のルールを押しつけることができなくて苦しむ。

でも本当は苦しむ必要はなくて

本当の愛とは完全に降伏し、ゆだねることなのだと

パウロコエーリョは書いている。


良いことをするためや誰かを助けたり守ったりするために愛するのではない

そうなら相手を単なる対象として認識し

自分自身を賢くて寛大な人間だと思い込んでいるので

これは愛ではない

愛するとは相手と一つになり、相手の中に神のきらめきを発見すること

だと。



今度こそ続けたいんだって真剣に思った。

だから

昔の私のルールではきっと母親のように彼を愛してしまうところだったから

こういう出来事が起こったのだと思う。

まさに奇跡の真っただ中に私たちは生きているんだ!




























現象はいつも潜在意識の反映

  • 2013.05.21 Tuesday
  • 13:49
 先日会った月命三碧の男性が腰痛で杖をついていた。
私と同じで去年一白の吉方を取っていて
(一白は陥入と言って体の弱いところに出るか、お金に困るか人間関係に出ると言われている)
三碧木星神経痛。坐骨神経痛・・・これかぁと気が付いた。

私もこんなに腰痛がひどく長引くことがあるのかというくらいひどく
ネットで調べて良い治療院を見つけて動けるようになったのだけど
今までそれほど辛い痛みというのを味わったことがなかったから
年齢を重ねるということに伴う痛みや体に関して人の痛みが初めてわかるようになった。

座り方を見直し
枕を見直し、
日々できるだけ、歩くようにするなど、生活を改めつつ
なぜ今腰痛なのか?わからないのは苦しいが、陥入かと分れば
陥入だから半年か一年の辛抱かと安堵する。

こういう自分の問いかけに答えがもらえること

それをシンクロニシティーと呼ぶ。
これが来ているときは運勢がいい。

昨日は娘を福井の学校に見送りに行くと駅で彼女は大泣きだった・・。
(普段はそんなことはないのだけど)
乗り換えの駅で足が痛くて動けないと電話がきて
夕方も食欲がなく足が痛いと電話がきた。
おとといの土曜も熱を出した。
今週末は札幌に行っていてあまりゆっくり一緒にいられないこともあり
私に甘えることができなかったから
寂しさで体にそれが出ていることがわかる。
病気や痛みという不幸がないと人は心配してやさしくしてくれないものと思っているから
愛情を受け取れない代わりにそうやって心配や関心を抱いてもらいたいのだ。
(愛情をどれだけこちらが持っていてもそれに関係なく・・・受け取れないのだから仕方がない)そう・・・

人のことはわかる・・・・

でもこの自分の中のもやもや・・・
これこそが、
久しぶりに味わう孤独感だと気が付いて驚いた。

一白の陥入がきつくて・・・と昨日メールをいただいて初めて・・
そうか
私も陥入が出ていたのだ!!
相手は一白の本命。一白中宮の日に一白の年盤方位で出会った。

この10年ほど、結婚して子供ができてそれなりに充実していたけど
経済的にアップダウンも激しく、
子ども中心に忙しく動き回っていた。
私が何をしたいというよりも
家族のためにばかり考えていて自分のことを考える余裕もなかった。
(考えようとしなかったのだと今はわかる)

しかし去年吉方をとってケアンズにいたときに
「寂しくないの?」と今の彼に質問されたとき(当時はつきあっていなかったので)
「寂しいなんて思ったこと一度もない。ヨガもあるし、勉強もしていて充実していて
子どもたちの成長が楽しみで、私が一人の時間を持ったところでやりたいこともみつからない」
と言っている自分がいた。

本当にその時はそう思って疑わなかった

でも、本音は違っていたのだと思う。

休みが終わり、学校に子どもたちが行くと、
ひとりでいる開放感、勉強に集中できる時間が私に充足感をもたらし
潜在意識の中では、一人の方が好きで、一人になりたいといつも願っていたから・・

そしてその望みどおり、
ここ一週間彼からのメールも電話もない状況が続く中で
なんで??という思いがどんどん膨らみ
「会えなくて寂しい」「話せなくて寂しい」から
「事故でもあったのかしら?」という妄想へどんどん大きくなっていった。

実際は会えなくても、電話で話したら落ち着くし
メールが来れば元気なんだなとか・・・
今日は忙しいんだと状況が分れば安心するものの

一切連絡がこないこの状況に関しては
「何か悪い事でもしたのかしら?」「気が変わったのかしら?」など
妄想がどんどん膨らんですべての時間がそれに覆われてしまう。
心配が怒りに変わり、約束したのに守れないなんて最低とか
相手を非難する気持ちが湧いてくる

他のことに気持ちをシフトしようとしても
かえって不安は増すばかり・・

そんなときに「ポルトベーロの魔女」という本を
図書館で借りると、こんなセリフに出会った

自分には力があると信じなさい
最初のうちは混乱して自信が持てないかもしれない
自分はだまされているんじゃないかと不安になるでしょう
でも実際はそんなことはない
あなたは知っている
しっかりとそれを認識したら良い
この地球上の精神は全て
いとも簡単に最悪なものに引っ張られるもの
だから病気や侵略や強盗や死を恐れる
だから失った歓びを返してあげるのよ
目的を明確に持つこと

毎日1分ごとに自分を成長させてくれるような考えを抱いて
自分を立て直すこと
腹が立ったり混乱したら
自分を笑う 大きな声で笑えば良い
馬鹿ね 何を心配し悩んでいるの?
自分の悩みがまるでこの世で一番大きいみたいじゃない?
そうやって深刻な状況を笑い飛ばすの
だってあなたは母神の顕現でしょ?
精神を集中させて
できなかったら呼吸に集中するの
自らに耳を傾け自分の能力に驚嘆する
あなたは自分が信じたものになっている

良く前向きな思考を信じて謳う人が言うように
自分は愛されている、強くて有能だと何度も繰り返しても無駄

そんなことは言う必要がない
だってもうわかっているもの

それでも不安に思うなら
進化の段階でしょっちゅうあることだと思うこと。

自分は思っている以上に優れているなんて証明しようとしないで
とにかく笑いなさい
心配も自信の無さも笑い飛ばすの

ユーモアをもって自分の悩みをみつめてごらん
最初は難しいけど慣れて行く
私たちは誰だってすべてを知っている
要はそれを信じるか信じないか

他人と生きること
それが人間の生きる条件

と書いてあった・・・

「愛は習慣でも約束でも負債でもない。ロマンチックな音楽が教えてくれるようなものでもない。愛とはそうあること。定義はない。愛しなさい 問わない方が良い ただ愛しなさい」
「あなたは愛し方を誰かから教わった?身に付けたんじゃない。信じているのよ。信じているから愛せるのよ」
というところを読んだ時だった・・・
電車の中で
私の顕在意識は何とも思っていないのに
心の奥の奥の方から湧いてくる「それこそ私が知りたかったこと」という声に
涙がこぼれて仕方がない体験をした
(これは今までの人生で一度だけ前にも経験がある)

その日私は自分の意図を探していた。

ずっと愛で成長し続ける

と書いた

でも「愛とは何なんだ?」という思いに違和感を感じていたので

「何が愛なのかわからない」ということを探し続けてきて、

「わからない」という状況を自らが引き寄せてきてしまっていたのだと気が付いた

「愛が何かを理解したい」と心が定まったとたん・・答えが本からやってきて、

彼から

「ずっと家を離れていた。いつも愛しているよ」と短いメールが届く

もう一つ候補で

幸せがずっと続くように、「幸せを持続させたい」と書いていた・・

過去に離婚を二度もしているので

愛が続かないという経験から

今回も結婚してしまったらまた終わりが来るので

ずっと遠距離恋愛のままでいた方が新鮮な気持ちも持続して

お互いに良いのではないかと心によぎったことがあった

毎日連絡をとってきた彼と連絡がぷっつり切れたのはその日からだ。

潜在意識は私の願いと裏腹に、私の恐れを引き寄せる

パウロ・コエーリョ著の「ポロトベーロの魔女」の一部から・・

要するに幸せとは何なのか?
愛だと人は言う
だけど愛は幸せをもたらさないし、もたらしたためしがない
それどころかもたらすのは常に苦悩や戦場、幾夜もの眠れぬ夜
だから自問するのだ 私たちの行動は正しいのかと?
真の愛はエクスタシーと苦悩からなるもの

じゃあ安らぎか?安らぎ?母神はけして安らいではない
冬は夏と戦い、太陽は月と常にすれ違い 虎は人間を追いかけ、人間は犬を恐れ
犬は猫を、猫はネズミを追いかけ、ネズミは人間を脅かす

お金は幸せをもたらす?
確かにそのとおり。最高級の生活を送るだけのお金を貯めた人は仕事を辞めるかと言うとそうともいえず
以前よりもさらに活発に動き回る
すべてを失うのを恐れるかのように
お金はさらなるお金をもたらす それも確か
貧困は不幸をもたらすかもしれないが その逆は真ではない

私は人生でずっと幸せを追い求めてきた
今本当に欲しいのは歓び
歓びはセックスのよう 始まりと終わりがある
私は快楽が欲しい、満足していたい じゃぁ幸せは?

と問答は続くことになるのだ・・・

私たちの周囲のすべてが普遍的な欲望
欲望はいつだって不完全。満たされればもう欲望じゃないんだから・・・。

?????

欲しがっているものはすでに手にしているのだと気が付いた。

そう・・もう到達しているのだ・・。

一歩ごとに到達しているということをただただ信じればよい・・・

それだけ・・。

自分達に備わる力とすでに明かされた奥義を理解できるようになるためには
まずは期待、恐怖、みかけの燃焼が必要でそれではじめて、
安らぎに浸ることができるのだ。

自分は愛され、好かれ、守られている

という文章がやっと理解できた

そのことに気が付くためにこの孤独感は必要だったんだ・・・

それもひとつの愛の形

亡くなった父にもう期待することもなければ、失う恐怖もない。
いつもそばにいて守られているのだと私は知っているからだ。

これを私は今まさに理解しようとしているんだ

7か月もメールをくれ続けていた現実よりも、
たった数日メールがない方にだけに焦点を当て続けているなんて

人生ってそうやって無駄な時間を過ごしているのかもしれない・・・

私が娘と別れてさびしくないように
このつながりがいつか終わりが来るなんてことが絶対にあり得ないから
獲得しておくために、つなぎとめておきたいがために
愛を確認することがばかげているように
愛を信じて疑わないということがどういうことなのかを
時間や距離で測れるものではないのだということを
教えてくれるための時間だったんだ・・・。

人生に対して何を投げかけるのかはとても大事だ。

具体的に聞けば具体的に返ってくる

気づくかどうかは別として。

JUGEMテーマ:スピリチュアルJUGEMテーマ:いい女の条件とは?JUGEMテーマ:夢・目標JUGEMテーマ:幸せJUGEMテーマ:心理学


自分の人生で歓びを見出せましたか?

  • 2013.04.10 Wednesday
  • 19:49
 最高の人生の見つけ方という邦題の映画がBSでやってました。

原題: The Bucket Listといい

先日ケアンズにいたときにもテレビでOAされており

偶然にもまた日本語でみることができ、やっぱり良い映画だな〜と

何度も見返しております。

たくさん良いエピソードがあります。

ピラミッドの旅で、

犖殿絅┘献廛反佑六爐紡个靴討海信じていた。

死んだ魂は天国の門で神に二つの質問をされ、

その答えによって扉の中に入れるかきまる。

自分の人生に喜びを見いだせたか?と

他者の人生に喜びをもたらしたか?爐世函

これは前にも講義の中で

人生楽しかったですか?と

人の役に立ちましたか?と質問されるんだよと

聞いたことがあり印象に残ってました。

私は輪廻も信じているので

きっと自分の意識が大きな意識と一つになる時に

人生でどんな仕事をしたとか、買ったとか、持ったとかよりも、

そんなことを思うのだろうと思っています。

だから、「人生を心から楽しむ」の講座も始めました。

自分っていったい何なのか?

実は知っているようで皆知らないからです。

自分の幸せとか喜びが何なのか?

何のために生きているのか?

とっても基本的なことなのに

仕事や家庭やなんやかんやと忙しくして

そんなことを考えることもなく

生きている人がなんと多いことか・・・。

年収の高い人と結婚することなのか?(今日のあさいちの特集でしたが)

豊かさってお金があることなのか?

たくさん稼ぐことなのか?

世界中旅行することなのか?

おいしいものをたくさん食べることなのか?

私自身も日々そんなことを考えたり

瞑想したり、学んだりしています。

来週の15日の人生を心から楽しむのパート3の第三回目は

自分の思うような人生を送るために

夢を実現させるために、

認知心理学、行動心理学や様々な東洋的な思想も含めた中で

じっくり見つめ、ワークを中心にしながら

今の生活における価値観や

自分の習慣や行動を変えていく講座です。

自分のために時間を取って勉強する

そうぜひ決意してもらいたいと思います。

ずっと人のためという人生を送っている人

自分を見失ってしまっている人

ずっと同じことばっかり繰り返して

いい加減やめたいなと思っている人

誰かを幸せにしたいなって家族のために

会社のために、世の中のためにって思うなら

まずは自分から・・・。

「自分を大事にしよう」

そう思ってもらえたらなと思います。

自分のことすらちゃんとできなくて(知らなくて)

何で人のことができるの?(わかるの?)

聖者ならそう言われるでしょうから。

4月15日 9時半から 120分

録音受講も可能です。

@3000円

JUGEMテーマ:成功の秘訣JUGEMテーマ:占いJUGEMテーマ:幸せJUGEMテーマ:習い事・資格・講座JUGEMテーマ:心理学JUGEMテーマ:スピリチュアルJUGEMテーマ:いい女の条件とは?JUGEMテーマ:夢・目標

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

無料メールセミナー

メルマガ登録・解除
  ID:07449
メールで姓名鑑定講座
   
無料メルマガ インフォマグ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM