お世話になった人へ何を贈ったらよいのだろうか?

  • 2013.12.11 Wednesday
  • 21:08
この季節いろいろなものをいただきます。

美味しいコシヒカリとか、

無農薬のりんごとか・・・

きっとみなさんすごく考えてくれたんだろうなと・・・

その心が痛いほどわかります。ありがとうございます。

昨日も2年ほど受講していただいている方と初めて会い

お菓子をいただきました。(ありがとうございました)

私と先生に会えた感動で泣いておられました。

乳飲み子を抱えながら姓名鑑定も気学も、家相も、易もすべて学び

ここまでこれて良かった 頑張って良かった
秀夏さんと出会えて引き上げてもらえて本当に幸せになれたなと

メールでいただきました。

そういう瞬間が何よりも私の喜びです。

外に勉強に行かれないママたちの多くが小さい子供を抱えながら

夫のために、家族のためにと皆熱心に学んでくださっていて

こちらこそ、本当に感謝しております。


それより長く受講しているもうひとりの生徒さんがそれを見ていて

私もあげたいなと思うんだけど

「こんなの嬉しくないかなと思ってしまっていつもできなくて・・・」と

ぽろっとおっしゃいました。

ハットしました・・・

その気持ちは私もよくわかります。ずっと私もそうだったので・・・


お世話になっているヨガの先生もとても遠慮深い方で

受け取るのを恐縮されてしまうだろうからと

今まで差し上げたくても控えてきました。

村山先生も手術されてお体が悪い中で

食べ物もご迷惑だろうし

重いものも渡せば荷物になるしと・・・

いつも迷っていました・・・・。


でも今日勇気を持って

初めてお好きだと聞いていた梅干を持って行きましたが

塩分を控えなきゃと止められるんだと嘆いていらっしゃいながら

減塩の梅干の方は受け取ってもらえず(甘いのはお好きじゃないらしく)

体に悪そうな塩味の方を受け取ってくださって

ドキドキしました。


何かお礼をしたい・・でも上の人に対してというのは

本当に迷いますよね。

村山先生ですら、そうおっしゃいます。

病気の師に高いワインを買っていこうかな・・・?

美味しい和菓子がいいかな?

こうして悩むのが良いんだと。

そして・・・そうだ、病気で飲めないだろうから・・・それをちらつかせて

嫌がらせしようかな・・と楽しそうに笑います。

それが先生流の師に可愛がられる愛嬌なのです。



最近思うのは、師は何が嬉しいだろうと思ったら

自分を超えるような人間になって欲しいということかなと・・。

今まではひっそりこっそりやってきましたが、

きっと師に対する恩返しは

私の生徒さんが増えることなのだろうと

先日心を入れ替えました。

私は母親のように結構生徒さんになんでもやってあげてしまうのですが

村山先生は本当に何も手を差し伸べず

悩みの相談にも乗らず

自分で考えさせるというスタイルなので

それこそが本当の愛なんじゃないかと気がつき始めました。

先生のことを村山!と呼び捨てにする人が少なくなったことを嘆き

自分の言うことをきかない反抗する人の方が大好きという

人情味あふれる師がいることを

本当にありがたく思い

そのスタイルを大事にしたいなと思います。


どの世界もそうですが師を持たず独学は無理です。

師を持つことこそ人間に生まれて最高の幸せではないでしょうか?

子育てもよく似ています

与えすぎても良くないし、

私の親孝行を見て、子供たちが真似していくように

私の師に対する姿勢を見て

親や、上司や神、仏など

自分より上のものへの畏れや尊敬を持つように

自分の力で考えて歩んでいけるように

そういう自分でありたいと

改めて思いました。 ぽちとひと押しお願いします
JUGEMテーマ:文化・習慣
JUGEMテーマ:幸せ



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

無料メールセミナー

メルマガ登録・解除
  ID:07449
メールで姓名鑑定講座
   
無料メルマガ インフォマグ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM