文字は生きています

  • 2016.10.20 Thursday
  • 16:41
「し」の音を子供の名前に使っても良いですか?

というご質問を昨日いただきました

どこの誰かもわからない・・・

名字もわからない・・・どの漢字なのかもわからない中で

どうお答えしたものかという感じでした・・

鑑定のご依頼ならその漢字や

名字との読み下し、陰陽、五行など全て拝見しますけど

ただ、単にそのひらがなが良いとか悪いとかは言えないのです

たぶん昔授業で、五大真理が整っていない場合は

浩「ひろし」が、広い死の意味になるとか・・

人志(ひとし) が 人の死になるとか・・・聞かれたのか?

「し」が付く名前は

「死」を連想するので良くないと勘違いされたのかもしれませんね


日本語の文字は漢字とカナから出来ています

かなにはひらがなとカタカナがありますが

これは補助的なもので

漢字の方が本式の文字です

火という字には熱も光もないですが

この字をみただけで熱さを感じますし明るさも覚えます

春という文字を見れば桜を思い出す人もいるでしょう

文字は無意味のものではなく

もともとは自然の形から川も日も天も

万物の現象の性質を象徴して生まれた

有意義なものです

その文字をみただけで

その内在する意味を私たちはイメージします

天照皇大神と書いてあるお札の紙をで

トイレをした後にお尻を拭くことができるでしょうか?

誰も日本人なら畏れ多くてできないでしょう。

なぜなら、

その文字を見ることによって

実態を想像するからです。

ですから、名前も どの漢字を使うのか?

そこがとても大事になってきます。

文字には森羅万象の精神と生命がこもっています

言霊が文字の中に脈動しています

文字は生きているのです

文字を見ることによって私たちは

心理上に変化を受けます

そして生理上にも影響します

文字は人間を動かす作用を持っています

ここが姓名鑑定の一番重要なところです。

これからのメルマガは

古くから伝わる姓名鑑定の真髄をご紹介してまいります。

セミナーを無料で受けたい方は

こちらにご登録くださいね

メールで姓名鑑定講座

お問い合わせ鑑定の依頼などはここにメールくださいね





コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

無料メールセミナー

メルマガ登録・解除
  ID:07449
メールで姓名鑑定講座
   
無料メルマガ インフォマグ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM