宇宙の理

  • 2017.06.02 Friday
  • 22:07
今まできっと聞く耳を持たなかったというか・・ 聞いても理解できなかったことを 最近言ってもらえる機会をいただき 潜在意識で思っていることと 顕在意識で思っていることの違いを 痛いほど思い知りました。 自分の癖・・・ 本心と裏腹の言動 そうみえていたの?と驚くばかりです。 まずは ダマヌールの過去世セミナー 前世なんて現世に関係ないというか 何度もみてもらう機会はあったし もうみてもらう必要もないかなと思っていたけど 案外自分の嫌いなもの、嫌なものというのが そのまま前世から残されている課題みたいで これだけはありえないでしょうというようなものが 実際は前世だったりして面白かったです。 人間として今世を生きるというのは 経験しにやってきているのだから そのキャラで2日間生きて感じて経験できる ダマヌールのセミナーは ただ単に「1912年にオーストリアで修道女だったよ」のような 情報じゃなくて 今をどう生きるかに直結してて さすがだなって感じでした。 過去世のパーソナリティーは今にも反映されていて 思い癖が抜けきれない場合もあるし 今 ある 当たり前が なんて恵まれているんだろうなとも感じました。 私はドイツで盗賊で、家族も皆死んで天涯孤独でした 人と関わるより、一人でいるほうが好きと 顕在意識では思っていますが 本当は一番家族や仲間を欲し大事にしたいのに それがなかなか出来ないようです。 実は腸脳腸整体の植村先生にも言われたのは 本当は愛し愛されたいのに 愛されてないと誤解していて 愛と愛情を混同していて 人に愛を拒絶されたら死んでしまうくらいに怖くて 自信がないんだと。 自信がないから準備して学んでなかなか行動にうつせなくて 頭ばっかり使っているのだと言われました。 他の方にももっと感覚を使うようにとか 自分の思考を捨ててとかいろいろメッセージを頂くのですが そのために、感覚で生きられるようにと 整体も習い始めたのですが・・ まだまだ頭ばっかり使っているのだと気が付きました。 先日お会いした河崎先生は以前余命二ヶ月の 中野先生をお助けして その 中野先生も同じような能力をそれから開花され 今に至るのですが、 その先生とうちの腸脳整体の師匠と 金沢でコラボセミナーがありました 昨年婚約していたけど「くう」を観て以来 今はすっかり冷めてしまった外国人の彼が 日本に来たいと言うので今回は金沢をメインに滞在しました 30年来の腰痛は腸脳整体で一発で治り 膝が痛みで曲げられなかったのもすっかり治りました 外国人は日本人より理屈っぽくないので治りやすいのだそうです。 さらに中野先生のセッションで 今後の仕事がうまくいかなくなること(売上は益々減る) 自分がやりたい方向をまず決めること それに集中すること 怒りを持つことで自分の波動を下げるので 後ろのついてくれている方たちが助けることができなくなっていることを 教えてもらいました。 心が軽くなったことで、普通なら症状は一旦治っても 恒常性で戻るのですが体調も全く戻りませんでした 私達の体は、一瞬何か思うことで変化します 明日からオーストラリアに帰って仕事か〜と嫌なことを思うだけで 血液もドロドロになるのを目にしました 食べ物も大事ですけど 何を思うか、その時の感情によって一瞬で体は変化するので怖いです 彼は元奥様から裁判を持ちかけられ 今住んでいる家を追い出されそうになっていて 彼女に対して怒りがあるので それを許すと良いよといっても最初は 裁判取り下げたら許すといって聞きませんでした 物事は反対だから 許すから現象が変わるのにと説明するのですが それでも許せないがあったので 「振りだけでもしたら良いのだよ」と告げると それならできるとのことでした。 私たちはついつい逆をやって苦労します この奥さんとは前世でも前前前世でもずっと死ぬまで喧嘩していたようで 今回それを終わらせるために来たので 負けるが勝ちなんだよというと ??という顔をしていました 失ったら 天は足そうとしますから 結局受け取れます この世はバランスを大事にする世界だからです 勝ったらそれは手に入れたと思った瞬間になくなります 私もわかってもらいたいと思うから わかってもらえない時に悲しいわけで 本来人間なんてみな違うんだから わかるはずないというところからスタートしていたら わかろうと努力してうまくいくんじゃないかなと思えてきました 家族関係が何より一番難しいのは 遠慮がないからで・・・ 遠慮がなくなってなんでも言えてしまうと 子どもにしても自信がなくなるだけで 何も良くはならないので できるだけ言葉を使わず 想いは通じるので 信頼して行こうと思いました。 植村先生は今まで必死で生きてきて 選択肢なんてなかったので そういうときこそ成長できたから 準備しているような余裕がある時には 成長なんて無いんだといわれますが それも腑に落ちました 河崎先生も同じようなことをおっしゃったのですが どうしたら?という質問もいらないくらい・・ ただやれば良い なんですよね・・・ 癌の方たちも末期の人も 植村先生が受け入れるようになったので 治られていきます この痛みや病気から学びがあるんじゃないかというより そこまで放っておかないでまずはそれはいらないともう嫌だと なってもよいわけで そういう方が奇跡を起こし元気になっていかれています。 私達は自分の思考で無理と諦め そういうものと受け入れていますが そうじゃないんだと脳が思った瞬間に こんなの大したことじゃないと思うと 癌も正常な血液に戻り 痛みもとれていきます 今苦しい方が 病院でなんとかしたいと 自分でなんとかしたいと思うかもしれないけど もしかしたら、自分のエゴが邪魔していることに 自分だけでは気づけ無いこともあるので そういう方のために 私のオススメなお二人のコラボセミナーを聞いてもらいたいなと思います 岐阜の各務原で開催しますので 詳細はまた聞いて下さい 中野先生と植村先生のコラボセミナーは 7/8日  岡山の勝Zさんこと、勝部先生と腸脳整体の創始者の植村先生の 健康セミナーは 6/11日 この人苦手って思ったりする人は 自分に似ていて 自分の鏡なんだなって 今回本当に痛感しました。 でもその人の愛の深さがわかると 大好きに変わり 自分のことも少し認めてあげられるようになったと思います この世は同調の法則 自分と似たものと引き合います そしてバランスを宇宙は取ろうとします 失ったら得られるし、 得たら、失う・・ まるでシーソーのようです そして自分の人生に集中すること 人のことばかり気にかけたり心配しては 相手のエネルギーを奪うことになり 自分の体も壊すことになるから 相手を信頼して離れていること あまりに距離が近いと家族にしてもそうだけど 傷つけ合うことになります くうの監督ととうまさんにも久々に お会い出来たのですが とおまさんが肩が外れたらしく それは型を外せというメッセージだったとのこと なんかもっともっと柔らかく 柔軟に生きて良いんじゃない? なんでもいいんじゃないと村山先生の口癖みたいなことを言ってみたりします・・ これってこうだよねという見方は 誤解があるので 自分が嫌って思ったことをあえてトライしたら 案外良いじゃんという経験もしたり 皆が良いというものをやってみたら 意外とそれほどでもないかと思ったりもあったので やっぱり自分で確かめないといけないなということも思います。 愛とは受け取るより与える時に感じるもので これだけしたのにって思う時は 愛ではなく愛情だということ ファインディングドーリーのように 3秒しか記憶が無いくらい 今を生きれば良いんじゃないかということ あの人が良いとか悪いとか 問題は相手ではなく 受け取る側の自分にあるということ あえて今回の旅は本当は行きたくない 会いたくない というようなものを選んだことで 修行が好きなんだね〜と言われながらも 荒治療ながらも気づきが多い旅でした

JUGEMテーマ:最近のマイブーム

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

無料メールセミナー

メルマガ登録・解除
  ID:07449
メールで姓名鑑定講座
   
無料メルマガ インフォマグ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM